緊急避妊

避妊できなかった時の緊急対策。
迷わずすぐにご相談を。

緊急避妊とは妊娠を望まない女性が避妊に失敗したまたは避妊できなかった場合に、妊娠する確率を下げるための治療です。
緊急避妊用のピルを性交後72時間以内のできるだけ早い時期に内服します。

妊娠を防げる確率は80~90%程度と言われており、100%予防できるわけではありません。
服用後、悪心・嘔吐・頭痛等の副作用が出ることがありますが、数日で症状は改善することが多いです。

緊急避妊はあくまで緊急避難的に使用するものであり、性交の度に使用するものではありません。
より確実な避妊のためには低用量ピルの内服などより確実な避妊方法をお勧めします。

ご予約・ご相談

どんなことでもお気軽にご連絡ください。
医師だけでなく、助産師やスタッフまで、親身になってご相談に応じます。