更年期障害

年齢とともに訪れる辛さ。
我慢せず、一度ご相談ください

日本人の平均的な閉経の年齢は51歳でその前後5年間を更年期といいます。卵巣の機能が低下し、女性ホルモンが減少すること、加えて加齢に伴う身体的変化、心理的要因、社会的な要因などのストレスが影響しあって症状が出ると考えられています。
症状としては顔のほてり、急に体が熱くなるホットフラッシュ、発汗、動悸などの自律神経失調症状、情緒不安定、いらいら、不安や気分が落ち込む、不眠などの精神症状が中心となります。

また、腰痛、関節痛、筋肉痛、食欲不振、湿疹、尿のトラブルなどの身体的な症状を訴える方もいます。
症状は個人差が大きく、多くは時間の経過とともに症状が軽くなっていきますが、症状が強い方、日常生活に支障が出ている方には検査や治療をお勧めします。

検査

血液検査(血液生化学検査 ホルモン検査 甲状腺機能検査)/内診/超音波検査/子宮がん検診

治療

漢方薬/ホルモン補充療法/向精神薬(精神安定薬、抗うつ薬)

ご予約・ご相談

どんなことでもお気軽にご連絡ください。
医師だけでなく、助産師やスタッフまで、親身になってご相談に応じます。